シアリスの有効性


勃起不全に関する誤解と真実

シアリスの効能を説明するのに最良の方法は、どうしてもバイアグラとの比較分析です。

バイアグラの主成分がシルデナフィルであり、シアリスの主成分がタダラピルという医学的分析ではなく、比較分析がより重要べきことですね。

1.持続時間


バイアグラの持続時間は、2時間で4時間の間性行為時に最適化されています。つまり、短い時間の間に強力な効能を示します。
しかし、シアリスの持続時間は24時間から36時間で一日中持続する特性があります。つまり、長期的に効能が持続されて時間という制約から脱して、日中たい性的興奮を維持することができます。
分離勧めしませんように感じられる持続時間は、特に精神的に敏感な性行為時に薬効が持続されるのか否か、いつ薬を服用するかのプレッシャーから自由にして、精神的にストレスの少ないという利点があります。

2.服用時期

バイアグラやシアリスや効果が最も良​​い時期は、性行為の30分前に服用しているものであり、錠剤を水と一緒に摂取するとされます。
ここで問題となるのが、バイアグラは、性行為の30分前には、服用をしなければならないという負担感があります。持続時間が比較的短いためであり、時間的に一度以上の性行為が発生した場合に、重複服用により身体に無理を与えることができます。
これとは異なり、持続時間が長いシアリスは一日に一度服用するとされるので、バイアグラのように服用時間を調節するために悩む必要なしで、朝に外出する前に服用するとされます。  

3.効能・効果

バイアグラやシアリスは両方勃起不全治療剤として開発されました。
勃起不全治療剤という意味では、2つの意味があります。
  勃起がされていない場合に泣くまったく効果がありません。勃起がされるのか勃起が不自然であったり、されてもそれほど長く勃起を持続させない場合に、これを長く持続するように助ける役割を果たします。つまり勃起がされていない場合には、薬効が表示されません。
性的興奮がない場合の効果を見ることができません。バイアグラやシアリスを服用したとすぐに勃起がされたり、何の刺激がなくて勃起が維持されるわけではない。勃起が続いている性的刺激があるときにのみ効果が表示されます。これらの刺激が消えたら勃起が解けてデフォルトの状態に戻ります。  
ここで、シアリスはもちろん性的興奮による勃起を助けることはもちろんのこと、ある程度は勃起不能を治療する治療薬としても効果を示すということです。  
特にシアリス5mgの場合には、用法、一日一粒ずつ30日服用と書かれているほど、長期的にシアリスを服用することにより、これらの勃起不全現象自体を治すことができます。
代わりに性行為時に作用する効果は、バイアグラよりも弱い方です。

つまり年齢が若いほどバイアグラを服用していることがよく、ある程度の身体に無理が心配ならシアリスを服用することをお勧め。
もちろん性的に最も旺盛な年齢である20歳代の勃起に問題がない場合は服用していないことが、より賢明な方法です。  

4.射精遅延ではない。

射精遅延剤は、一般的に、男性の性器を麻酔させ、外部の痛みを遮断する作用をします。つまり、外部刺激をブロックすることです。
これとは別の方法で勃起不全治療剤は、勃起現象自体を維持させることです。すなわち、通常の一般的な勃起レベルを維持させる目的があり、効能があります。

だから勃起がされていない場合は、効能がないため、女性には効果がありません。
時々副作用として勃起現象が36時間持続することがたまに発生するとはいえ、これは特異な場合に、一般からはほとんど発生しません。
この程度バイアグラとシアリスの違いについて見て、シアリスだけの特異な効能を説明しました。





シアリスが詳しく知りたい方、「シリアス体験」をご覧ください。